意外と簡単?自作タイラバネクタイ

スポンサーリンク




Winkは鈴木早智子派だったえーちゃんです。

季節によってはフグやカワハギの猛攻ですぐに使い物にならなくなる事もあるタイラバのネクタイ。

以前、自作タイラバスカートの記事にも書きましたが、

ネクタイだけは市販品をそのまま使うことが多い訳ですが

その理由は

  1. 不器用
  2. めんどい
  3. 材料が釣具屋で調達できない(釣具屋のシリコンシートは意外と高い)

等々、、で結局市販品で落ち着いていましたが

材料さえあれば実は案外簡単に作れて、しかもあっさりと魚も釣れるので紹介します。

材料

まず、ネクタイの材料ですがSeria(100円ショップ)で売っているこれ

ダイソーで似たような物を探していましたが見つからず、Seriaに立ち寄った際に見つけました。

厚みも材質も完璧です。

強いて言えば色が上の2色と透明の3色しかないけど、贅沢は言えません。

さぁ作ってみよう

まずは型紙作り。

家の中に転がっていたダンボールに細ペンでネクタイの形を書きましょう。

今回はカーリーテールです。

ちなみにこの形は気合で書きました。

えーちゃん、デザイナーデビューです。

良い子のみんなやマメな人は真似をせずに、ネットから型紙をダウンロードしましょう。

早速、この型紙をSeriaで買ったシリコンシートに写し書きしていきます。

オラ、もっと詰めろよ!なんて苦情が聞こえてきそうですが、これが僕の精一杯ですw

このシート、台紙に貼り付けられた状態で売っているので剥がさずに作業するととても楽です。

次にカッターナイフで1枚1枚切り離していきます。

この時に一番重要な事は

手を切らない事

そして

テーブルの上で切るとテーブルに傷が付いてどやされるので下敷きを敷く事

切り取ったネクタイは、スカートを作る時までケースで保管しておきます。

ちょっとうずうずしたので、余ったスカートでひとつだけ作りました。

あ、これは釣れるわ

って出来ですね。

まとめ

4~5本で300円以上するネクタイが、100円で13本作れました。

器用な人やマメな人なら20本は作れそうです。

消耗品としては割高なタイラバのネクタイ。

釣行時のスペアとしても使えるので、自作してみてはいかがでしょうか。

もちろん釣果も折り紙つきです。

 

スポンサーリンク




2 件のコメント

    • ゴリラーマンさん
      コメントありがとうございますm(._.)m
      そして、こんなヘタレブログにお足を運んでいただき、ありがとうございます(^^;)
      自作仕掛けで十分釣れるので楽しいですよ!
      タイラバは来月から再開予定なので、釣れても釣れなくても記事にする予定です!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    海が大好き、釣りが大好き、そして食べることが大好きな普通のサラリーマンです。福岡在住。