7月29日 響灘沖鯛ラバ釣行

スポンサーリンク




7/29(土):小潮

干潮:7:14 満潮13:29

えーちゃんです

今回はいつものメンバーで毎度お馴染み北九州遊漁船GREENさんで響灘沖まで

根魚狙いで出船してきました。

 

氷締め用の氷と活きエビを途中で調達してポイントまで船をかっ飛ばします。

北九州遊漁船GREENさんは乗り合いだとエビラバ用の活きエビが

仕入れ可能な時期に限り無料で付いています。

※チャーター時はチャーター料金が乗り合い料金より割安なため活きエビは含まれませんが

必要な場合は事前に連絡して予約することも可能です(3000円)

今回は根魚狙いということで根掛かり覚悟のかなりの荒瀬を流します。

僕以外の方はみなさん鯛ラバに活きエビを付けるいわゆるエビラバで根魚を狙います。

僕は久しぶりにスロージギングで狙ってみると一投目から

30cmほどのアコウ(キジハタ)が。

しかし、GREENさんでは基本30cm未満のアコウは全てリリースしています。

この辺の詳細については別途記事を上げるつもりです。

実際この日は20cm後半~35cmほどのアコウが船上で30匹以上釣れましたが

みなさん男気溢れるリリースで更に大きくなっての再会を期待していました。

小型のアコウをリリースしながら、アラカブやアカハタをキープしていると

乗船者のお嬢さんの竿が大きく弧を描き、上がってきたのはまさかのイシダイ。

鯛ラバで釣れるの初めて見ましたが、ウッチー船長の話ではたまに釣れるとのこと。

この直後、ウッチー船長もイシダイを掛けるもタモを使わずにぶっこ抜こうとして

まさかのラインブレイクw

僕らの釣りチーム+ウッチー船長は年末の忘年会の予算確保のため、ばらし募金をしています。

もちろんこのバラシもその例から漏れる事はありませんw

 

緩い潮、無風と悪条件の中、みなさん熱中症対策をしながらぽつぽつと魚を釣り上げます。

偏光グラスの位置が…

そして初めて見た魚も。

最初はフエフキかと思ったけど、なんとなく目が違う?

アラカブっぽいけど錦鯉のような模様が…

思ったほど伸びない釣果にウッチー船長、1時間ほど延長してくれましたが…

なんとも厳しい一日になりました。

 

帰港後は、例によってイケスで活かした魚たちを血抜き・神経締め・氷締めしてもらいましたが

さすがにこの時期は水温が高すぎるため、残念ながらイケス内で死んでしまう魚もいました。

恒例のお魚さん集合写真と

もうひとつの恒例行事、バラシ募金

年末までにいくら貯まるか楽しみですw

 

持ち帰った魚はとりあえずアコウと真鯛をお刺身でいただきました。

釣りたての魚は本当に美味しいですね。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

海が大好き、釣りが大好き、そして食べることが大好きな普通のサラリーマンです。福岡在住。